コインランドリーに対する設備投資のコツ

コインランドリーを経営している途中からでも、いくつかの収益拡大の方法があります。
店舗数を増やすことが代表的な手法ですが、設備の充実もポイントです。

コインランドリーは設備投資に費用をかけることでも収益拡大につながります。
コツは、家庭では設置が不可能なレベルの製品を設置することです。

コインランドリーに投資情報をまとめてチェックしよう。

基本的に大型のタイプが良いでしょう。



コインランドリーに対する設備投資は、家庭と同じタイプの洗濯機と乾燥機を設置する場合と、家庭では設置が不可能と言える大きさの洗濯機と乾燥機を設置する場合に分かれます。
家庭での設置が困難な大きさの設備は、布団をまるごと洗浄できるタイプの洗濯機と乾燥機です。



利用価格も一般的なサイズの洗濯機と乾燥機よりも高く設定できます。
コインランドリーを利用するのは、洗濯機を所有していない一人暮らし世帯や、洗濯機の故障で一時的に利用する場合などが挙げられますが、大型のタイプを導入することで、家庭用の洗濯機や乾燥機を所有している人でも利用できるようになります。

不動産投資としてコインランドリーを経営するのなら、布団用の洗濯機と乾燥機にも注目してみましょう。使用電力も大きいので、電気系統の契約も重要になります。

ブレーカーが落ちたり、停電の状態になってしまわないように、契約アンペア数は業務用を選ぶのがコツです。
設備投資の支出は経費になりますので、個人経営の場合は税理士に相談しながら、維持管理コストを把握するようにしましょう。